米澤豚一番育ちヒレ ヒレカツ・ソテー用

¥1,450

※沖縄・離島を除きご注文合計金額6,000円(税込)以上で通常【送料無料】尚、離島は正しく送料が計算されない場合があるため送料について別途ご連絡をさせて頂く場合がございます。

※商品は冷凍でのお届けとなります。

豚肉の中でも脂身が少なくヘルシーな部位ですが、その中でもお肉の旨味を感じる米澤豚一番育ちのヒレ。一口サイズで食べやすく、調理しやすくカットしております。

 

【おススメの食べ方】

ヒレカツ、ポークソテーなど。塩麹に漬けても美味しいです。
加熱しすぎるとパサつきが出てくる部位でもあるので、ゆっくりと火を通して調理しましょう。

 【部位の説明|ヒレ】

豚一頭から取れる量は全体の約2%しかなく、ロースの内側にあるお肉でとても希少な高級部位です。 ジューシーで柔らかい肉質で脂肪分が少なくキメ細やかな赤身が特徴です。

【米澤豚一番育ちとは】

よく、牛は『雌がいい』と言われますが、豚も同じで、リキフーヅで取り扱っている『米澤豚一番育ち』は全て雌となっています。また、豚は繊細な生き物で『優しく育てる』ことが大切です。
ストレスを与えると、豚の体温が上がり、脂の融点や肉の質に影響を与えます。『優しく育てる』と言っても、ただ優しくすれば良い訳ではありません。生き物の本能に伝わらなくては意味がない。そこで、女性が持つ母性本能を活かそうという考えから、豚舎では毎日、女性が優しく育てています。
こうして育った豚を女性が精肉し、女性が販売する。全て女性目線の豚なのです。